ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 国内線にジェット機就航 です。

昭和のニュース

国内線にジェット機就航

1961年09月25日

1961055 国内線に就航した中型ジェット機コンベア880  

日本航空が東京-札幌間にジェット機、コンベア880を就航させた。日航はすでに国際線でDC8ジェット機を飛ばしていたが、国内線では初のジェット化。コンベア880は東京-札幌間を、これまでの半分の1時間10分で飛んだ。

<当時の新聞紙面>

1961092107

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

東京-札幌間 1時間10分で飛ぶなんて、
当時の飛行機はそんなに速かったのですか?

投稿:SK
2008年9月23日 (火) 18:37

SKサンへ当時の航空機が早かったのではなく国際、国内線の便数が少なく現在よりも航空路が空いていたからですよ。
今は空も地上と同じ過密状態なので東京~札幌も当時の様な時間では行けません。

投稿:航機
2009年5月24日 (日) 21:45

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント