ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 「東洋の魔女」誕生 です。

昭和のニュース

「東洋の魔女」誕生

1961年10月15日

1961028 日本・ポーランド親善バレーボール大会でポーランドを破り60連勝
1962年6月7日 愛知・名古屋金山体育館で

1961030 日紡貝塚を「東洋の魔女」に鍛え上げた大松博文監督
1963年1月13日 大阪

1961029 東京五輪で金メダルの女子バレーボールの選手たちとお話しになる天皇・皇后両陛下
1964年11月5日 東京・皇居

大松博文監督率いる日紡貝塚の女子バレーボール・チームが、ヨーロッパ遠征で、24戦全勝という快記録を達成して帰国した。外国の通信社は「東洋の魔女」と形容し、彼女たちの活躍を称賛した。体を一回転させてボールを拾う回転レシーブなど新しい技をあみ出し、1964年の東京オリンピックでは日本チームの主力として、ソ連を破って念願の金メダルを獲得。バレーボール人気が高まった。

<当時の新聞紙面>

1961101705

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント