ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 日米貿易経済合同委員会開催 です。

昭和のニュース

日米貿易経済合同委員会開催

1961年11月02日

1961037 第1回全体会議。池田首相、ラスク国務長官ら日米双方のメンバー14人全員が出席して開かれた
1961年11月2日 神奈川・箱根のホテルで

1961038 日米貿易経済合同委員会会場のホテル玄関には両国の国旗がひるがえった
1961年11月2日 神奈川・箱根

1961039 日本側主催の夕食会。左から福永労相、島外務審議官、ラスク国務長官、朝海駐米大使、小坂外相、河野農相(手前後ろ向き)、ライシャワー大使
1961年11月2日 神奈川・箱根のホテルで

初の日米貿易経済合同委員会が箱根仙石原の観光ホテルで開かれた。池田首相、ラスク米国務長官をはじめ、両国の閣僚ら14人が出席、小坂善太郎外相が議長を務めた。最終日に発表された共同コミュニケは、両国が貿易・経済のあらゆる分野で協力することを確認したうえで、緊密な情報交換の必要性を強調した。小坂議長は「わずか3日間の会議だが、3年分にあたる成果があった」と総括した。

<当時の新聞紙面>

1961110201

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント