ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 国産1号原子炉稼働 です。

昭和のニュース

国産1号原子炉稼働

1962年09月13日

1962022 中性子源を抜き取り、臨界実験に成功した瞬間。後ろの制御室では所員が拍手
1962年9月12日 茨城・東海村・日本原子力研究所

1962020 1963年当時の日本原子力研究所 1963年9月 茨城・東海村

1962021 国産原子炉JRR-3の見取り図  

茨城県東海村にある日本原子力研究所はこの日、国産1号原子炉JRR-3(1万KW天然ウラン重水型)の臨界実験に成功した。唯一の被爆国となった日本では、原子力の研究・利用に対し慎重な意見が多かったが、政府は「民主、自主、公開」を原子力研究三原則とする原子力基本法を1955年に公布。「原子力の平和利用」を国策として推進していった。

<当時の新聞紙面>

1962091310

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント