ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > ファイティング原田選手がフライ級世界王者に です。

昭和のニュース

ファイティング原田選手がフライ級世界王者に

1962年10月10日

1962001 世界最年少のチャンピオンになり、ファンの歓声にこたえるファイティング原田選手
1962年10月10日 東京・蔵前国技館

1962052 ポーン・キングピッチをロープに追いつめる挑戦者のファイティング原田選手(右)
1962年10月10日 東京・蔵前国技館

プロボクシング世界フライ級タイトルマッチ、ポーン・キングピッチ(タイ)対ファイティング原田戦が行われ、挑戦者の原田選手が11RでKO勝ち。白井義男氏以来8年ぶりに日本は王座を取り戻した。19歳の原田選手は史上最年少のチャンピオン。1965年5月18日にはバンタム級チャンピオンとなり、日本人初の2階級制覇を成し遂げた。

<当時の新聞紙面>

1962101101

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント