ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 隔週週休2日制導入 です。

昭和のニュース

隔週週休2日制導入

1963年01月12日

1963051 特殊休暇のかたちで隔週週休2日制を導入した千葉県庁
1963年1月19日 千葉・千葉市

1963052 隔週週休2日制を導入した加納久朗千葉県知事 1963年5月 千葉・千葉県庁で

千葉県が、中央省庁、地方自治体で初めての隔週週休2日制を導入した。土曜日ごとに県庁職員の半数ずつを、特殊休暇の形で休ませるもので、加納久朗知事が発案した。県庁本庁の職員1663人のうち、初回に休暇届を出したのは課長32人、課長補佐49人、係長116人、一般職員その他587人の計784人(48%)だった。寝耳に水の自治省は同県総務部幹部を呼んで事情説明を求めた。結局、政府の中止要望で2回だけで取りやめに。

<当時の新聞紙面>

1963011212

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント