ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 名神高速道路が部分開通 です。

昭和のニュース

名神高速道路が部分開通

1963年07月15日

1963024 開通式で安全祈願をする河野一郎建設大臣
1963年7月15日 京都・京都南インターチェンジ

1963025 尼崎―栗東間(71キロ)の一番乗りをめざして愛車と待機する男性ドライバー
1963年7月15日 滋賀・栗東町

1963026 開通を前に夜間照明に浮き上がる京都南インターチェンジ
1963年5月23日 京都・伏見区

1958年に着工した名神高速道路の滋賀県栗東町-兵庫県尼崎市間71.4キロが開通した。日本初の高速道路で、65年には愛知県小牧市と兵庫県西宮市を結ぶ全線189.3キロが開通。名神高速道路は世界銀行から8000万ドルの融資を受けた巨大プロジェクトで、総工費は1207億円。その後の東海道ベルト地帯の経済発展に大きく貢献したほか、日本の道路技術が急速に進歩する契機ともなった。

<当時の新聞紙面>

1963071501

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント