ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 原水禁世界大会が分裂 です。

昭和のニュース

原水禁世界大会が分裂

1963年08月05日

1963056 社会党・総評不参加のまま開かれた第9回原水禁世界大会
1963年8月5日 広島・広島平和公園で

1963057 ギッシリと参加者で埋まった日本原水協(共産党系)第11回原水禁世界大会
1965年8月8日 長崎・長崎市営大橋球場

1963058 原水禁国民会議(社会党・総評系)の被爆20周年原水禁世界大会長崎大会。外国代表11ヵ国35人を含め約7000人が参加して開かれた
1965年8月8日 長崎・長崎市の国際体育館で

ソ連の核実験を容認した共産党と、すべての核実験禁止を主張する社会党の対立が深刻化、社会党・総評系グループは第9回原水禁世界大会への参加を断念し、大会が分裂した。原水爆禁止運動は当初、政治イデオロギーを排した国民的運動だったが、安保改定問題をめぐり保守系が離脱していた。社会党・総評系は翌年には独自集会を開催、1965年には新たに原水爆禁止日本国民会議を結成、原水禁運動の分裂が決定的になった。

<当時の新聞紙面>

1963080701

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント