ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 砂川事件7被告有罪確定 です。

昭和のニュース

砂川事件7被告有罪確定

1963年12月26日

1959048 罰金2000円の有罪判決が下り、記者団を前に声明文を読み上げる被告たち
1963年3月29日 東京・東京地裁で

最高裁は、砂川事件やり直し裁判の判決を不服とした弁護側の上告を棄却、被告7人の有罪が確定した。砂川事件は1957年、米軍立川基地内にあった民有地で強制収用のための測量が行われた際、学生や労働組合員が基地内に侵入した事件。1審の東京地裁は「駐留米軍は違憲」との判断に立ち被告全員を無罪としたが、検察側の跳躍上告をうけた最高裁は1審判決を破棄した。やり直し裁判では全員有罪(罰金2000円)の判決が下っていた。

<当時の新聞紙面>

1963122602

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント