ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 「ひょっこりひょうたん島」放送開始 です。

昭和のニュース

「ひょっこりひょうたん島」放送開始

1964年04月06日

1964045 「ひょっこりひょうたん島」の人形を手にアイデアを練るスタッフ 1967年3月 東京・NHKで

1964046 リメークされた「ひょっこりひょうたん島」の声の出演者、楠トシエさんと熊倉一郎さん 1990年11月 東京・NHKで

NHKテレビのカラー連続人形劇「ひょっこりひょうたん島」の放送が始まった。まだ、モノクロテレビが主流だった時代で、カラー放送の人形劇はそれだけで新鮮だった。井上ひさし作詞、宇野誠一郎作曲の「波をじゃぶじゃぶじゃぶじゃぶかきわけて」というテーマソングが子供たちに愛唱され、「ドンガバチョ」「トラヒゲ」などのキャラクターが人気となった。1969年4月4日まで5年間にわたって放送された。

<当時の新聞紙面>

1964040609

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

NHKの夕方の「ひょっこりひょうたん島」も楽しい人形劇でしたが、その前の「チロリン村とくるみの木」は野菜、果物、動物が登場するほのぼのとした可愛い人形劇でした。黒柳徹子さんが確か「くるみのピー子ちゃん」の声を担当されていたのでは?

投稿:あーちゃん
2008年6月25日 (水) 00:08

ドンガバチョの声の主の藤村ありひろ氏とアマチュア無線で話した事を懐かしく思えます
在りし日の藤村氏は大のアマチュア無線の愛好家でしたが 早くに亡くなられて残念に思ってます
地方から秋葉原へアマチュア無線の部品買い出しへ行く途中深夜の東京の空から(電波を通して)お仲間と話して居られる声が聞こえ思わず「バンサン ブレイク」とお声がけしてお仲間との話中にもかかわらず話途中で直ぐに応答して下さって有りがたかった思い出があります
帰省後早速仲間に自慢しました 回りの仲間は皆うらやましがっていました。
バンサンとアマチュア無線の仲間が読んでいたのは
コールサインがBANだったからです
テレビで聞こえていた声が無線機から聞こえてきてびっくりしましたし直ぐに応答して下さり有りがたい思いでした
同じアマチュア無線家として早くに亡くなられたのには残念で成りません
JA7BMB

 

投稿:井伊 博志
2008年7月22日 (火) 16:35

懐かしいですね。井上ひさしさんの詩が大好きでした。子供の頃から、考えると何か歌ったのか。今でも大好きで、当然歌詞カードなしで歌えます。博士のキャラクターが好きで、名前では、ドン・ガバチョが最高でした。藤沢市鵠沼に住んで居たので、ひょうたん島が、江の島と似ていて、共感したのかもしれません。笑

投稿:Telecaster60
2012年10月10日 (水) 11:28

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント