昭和のニュース

新潟地震

1964年06月16日

1964001 石油タンクが炎上し黒煙を上げる中、地割れした道路を避難する市民たち
1964年6月16日 新潟・新潟

1964005 爆発した昭和石油の原油タンクは25日間も燃え続けた
1964年6月16日 新潟・新潟市

1964006 倒壊した県営アパート
1964年6月17日 新潟県・新潟市川岸町

午後1時2分、新潟沖粟島付近を震源としてマグニチュード7.7の地震が発生。新潟市内を中心に死者・行方不明38人、建物全半壊8600戸。市内では地盤沈下や地割れが続出し、信濃川にかかる昭和大橋も崩壊した。昭和石油の石油タンクが爆発して炎上、15日間燃え続けた。この地震で地中から砂混じりの水が噴き出す液状化現象が初めて確認された。

<当時の新聞紙面>

1964061701
 

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

あとで知ったのですが、信濃川の橋で崩落したのは、一番最近できた昭和大橋でした。最も古く、今も新潟を代表する美しい橋、万代橋はほとんど無傷だったということでした。考えさせられます。

投稿:浦和のプリンス
2008年7月28日 (月) 20:39

バレー部の練習中立っていられなかったのを思い出しました。校舎の窓が西から東にガシャガシャと鳴っていました。その後仙台地震、日本海中部地震と現地で体験しました。

投稿:鈴木寅太
2008年8月 1日 (金) 10:25

当時南万代小学校4年で私の父親が新潟気象台に勤務していまして大変な思いをしました。学校は沈下しますし気象台の官舎は津波で魚があちこちに散乱していました。親父がプロの目で撮った写真がありましたが2~3年前にアルバムに50枚くらいありましたが見つからずです。6月16日ですので思い出しました。

伊東

投稿:横浜のおじさん
2013年6月16日 (日) 18:52

前年からの三八豪雪に始まり、新潟国体、新潟地震、東京オリンピックと当時幼稚園児から小学生になったばかりの私にとって、この時期の記憶は幼いながらも強烈に残っています。中でも特に恐怖体験と言っても過言でないのが新潟地震でした。小学校のポプラにしがみついても立っていられなかった記憶はその後の中越地震や中越沖地震よりも恐いものでした。父が親戚の二葉幼稚園に救援物資を届けるため、公共交通遮断のなか40キロの道のりを徒歩で、昭和石油の火事で真っ黒の煙があがっている新潟市に向かったのを覚えています。

投稿:佐藤もっちゃん
2013年6月21日 (金) 17:04

此の画像や文章を拝見してますと、昭和の懐かしさが
湧き出来ます。
若返りますね

投稿:山田 實
2013年7月 8日 (月) 15:46

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント