ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 東京で水不足 です。

昭和のニュース

東京で水不足

1964年08月06日

1964032 断水で井戸のある家庭にもらい水する主婦たち
1964年7月24日 東京・目黒区中目黒で

1964033 久しぶりに降った雨で滝のように小河内ダムに注ぎ込む雨水
1964年8月21日 東京・奥多摩町

1964034 上空3000mで人工降雨実験のC46型航空自衛隊機
1964年8月13日 東京・小河内ダム上空で

東京の水がめである小河内ダムなど3つの貯水池の貯水量が、満水時の3%、656万tにまで減少。これをうけて東京都は45%節水の第4次給水制限を実施した。都心の高台やビル街では、蛇口をひねってもほとんど水が出てこない状態に。第3次給水制限が始まった7月21日から都水道局に寄せられた苦情は1万2000件にのぼった。この年はカラ梅雨で、5月以降の降雨量が平年の半分以下だった。

<当時の新聞紙面>

1964080701

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

東京オリンピックの年の夏は異常な水不足に苦しんだのをよく憶えています。目黒区内の中華料理店に入ったところ、出されたコップの水は4分の1くらい、店内には「なるべくチャーハン、焼きそば等をご注文ください」と記してありました。焼きそばを頼み、炎暑で喉が乾いていたのでビールを水代わりに…。水は大切なもの、という教訓を得ましたが、とかく忘れがちで、反省しております。

投稿:こがね丸
2009年8月 7日 (金) 21:26

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント