ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 池田首相辞意表明 です。

昭和のニュース

池田首相辞意表明

1964年10月25日

1964023 アジア調査会設立総会であいさつする池田勇人首相。左から3人目は会長の吉田茂元首相
1964年9月8日 東京・帝国ホテルで

1964024 満枝夫人に付き添われて築地のがんセンターを退院する池田勇人前首相
1964年12月4日 東京・築地

1964025 すっかり元気になり、変わらぬ政治への情熱を語る池田勇人前首相
1965年3月25日 東京・新宿区信濃町の私邸で

池田勇人首相が入院先の国立がんセンターで辞意を表明した。医師団から「相当期間の療養が必要」と診断されて決断した。池田氏は7月の自民党総裁選で3選を果たしたが、その後体調を崩し、入院していた。翌年8月13日、65歳で死去。自民党の後継総裁には、池田氏の裁定で佐藤栄作氏が内定、11月9日の両院議員総会で正式に指名された。

<当時の新聞紙面>

1964102501

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント