ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 高度安定成長目指す中期経済計画 です。

昭和のニュース

高度安定成長目指す中期経済計画

1964年11月17日

1964054 経済審議会総会であいさつする高橋経企庁長官
1964年11月17日 東京・大手町の輸開銀ビル

池田前首相から諮問を受けていた経済審議会が64年度から68年度までの中期経済計画答申案を決定、佐藤首相に答申した。所得倍増計画後の異常な物価上昇、国際収支の不安定、産業間の格差拡大といった日本経済のひずみ解消をめざすもの。実質経済成長率を年8.1%、インフレ率を年2.5%と想定するなど、高度安定成長の継続を見込んだ楽観的な内容だった。150人余りの学者や経営者を動員して、ほぼ1年がかりで作成された。

<当時の新聞紙面>

1964111801

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント